cdジャケット印刷

自分だけのオリジナルcdジャケット印刷

自分のバンドなどで楽曲をCDとして発表したい時、CDだけでなくジャケットも必要ですが、CDジャケットを作ったことが無いという方がほとんどでしょう。CDジャケットはCDのイメージを決めるものですので、妥協はしたくないです。しかし、素人ではどうやって作ったら良いのか分からないという方も多いため、せっかく良い曲ができたとしてもなかなかCD発表まで至らないこともあります。cdジャケット印刷を行っている業者を利用する方法が早く完成度も高いものができますが、やはりプロに頼むと料金もそれなりにかかってしまいます。素人でもある方法を使えば、プロ並みの仕上がりのcdジャケット印刷ができます。その方法を知っていれば費用も節約しつつ思い通りのジャケットが作れるメリットがあります。

おしゃれなcdジャケット印刷のコツ

これまでcdジャケットを自作したことがなければ、自分でデザインすることは考えない方が良いです。フリーソフトやワード、エクセルなどを用いて自作する方もいますが、デザインを専門的に勉強していないと、やはり素人臭さが出てしまいます。せっかくcdに入れた楽曲が良いものであっても、cdジャケットの印象が悪ければcd自体のイメージも悪くなってしまい、ひいてはバンドの印象も悪くなってしまうのでそれは避けたいところです。cdジャケット印刷を行うのであれば、どうしてもこだわりたいのは写真です。写真はクオリティーの高いものを是非とも選びましょう。写真素材を選ぶ時は、フリー素材のサイトから検索してみると良いです。写真素材のサイトはたくさんありますが、探せば著作権フリーのところを見つけられます。

自作のcdジャケット印刷をする時の注意点

cdジャケットを作る時は、写真をトリミングするのにペイントソフトを使います。その他はwordを使って作ります。盤面やcdケースの裏側のジャケットはテンプレートがたくさんありますので、これを利用すると簡単に作れます。タイトルを入れる時には、字を大きくしすぎないのがおしゃれなcdジャケット印刷を行うコツです。初心者はついタイトルを大きくしてしまいがちですが、大きな字が入ると写真のイメージを壊してしまいがちです。文字のフォントは飾り文字などではなくシンプルな方がプロっぽい仕上がりになります。タイトルの文字の色も白か黒などの無難な色を選ぶのがおすすめです。そしてcdジャケット印刷で最も重要なのが印刷用紙の選択です。写真用紙を使うようにしましょう。仕上がりが全然違って見えます。

名古屋にある店舗や工場に直接商品を引取に行くことが出来ます。 980円で注文出来る名刺激安パックがある。 WordやExcelなどのMicrosoftOffice系のソフトの印刷用データ変換も無料で対応。 トレーディングカードは、少部数から多種・短納期対応。今年(2017年10月)でオープン10周年になります。 全商品、価格は全て税込み表記なので消費税を気にせずにお買い物をすることが出来る。 cdジャケット印刷をお考えの方には、プレス・トーク ダイレクトがおススメ