思い出の曲をcdジャケット印刷でより鮮やかに

趣味でバンドをやっている人でも一度は憧れのバンドのように自分たちのオリジナルcdを作ってみたいと思っている人は多いですが、素人が一からcdを制作するというのはなかなか大変なものです。ただ単にオリジナル曲をcdに焼くだけなら簡単ですが、せっかく作るのであればcdジャケットにもこだわりたいものです。しかし、初めてのcd制作であればなおさら何から手をつければいいのかわからないという人も少なくありませんが、そんな時におすすめなのがcdジャケット印刷にも対応しているネット印刷業者です。ネット印刷業者では、名刺やポスター、パンフレットなどさまざまな商品の印刷をリーズナブルな価格で提供してくれ、近年人気となっていますが、オリジナルのcdジャケットの印刷にも対応してくれる業者さんも増えています。

cdジャケット印刷ならネット印刷業者におまかせ!

ひと昔前までと比べたらオリジナルcdの制作はとても手軽になりました。しかし、cdは個人で焼くことができるものの、大量に商品を生産するとなるとやはりプレス業者に依頼する必要があります。一般的にプレス自体の価格は1000枚で2万円前後といわれていますが、せっかくプレスするならcdの付加価値を高めるためにジャケットも一からデザインして制作したいものですが、自宅にあるプリンターでcdジャケットを印刷するとなるとかなりのコストと時間を要してしまいます。でも、cdジャケット印刷にも対応しているネット印刷業者に依頼すれば簡単かつ格安でcdジャケットを印刷することができます。また、cdというとフロントジャケットのほかにもバックインレイとキャップがセットになっているものがほとんどですが、cdジャケット印刷にも対応している印刷業者であればフロントジャケットだけでなくバックインレイやキャップの印刷もできます。

cdジャケット印刷におすすめの用紙とは?

cdのジャケットを印刷する場合、まず重要になってくるのがジャケットのデザインですが、ジャケットを印刷する用紙もcdジャケットに最適なものを選ぶことが必要です。一般的にcdジャケットに使用されているのはコート紙と呼ばれる用紙ですが、表面が滑らかにコーティングされているコート紙は画像の色の再現度が高く、色彩の美しさも映えるのでフルカラーのcdジャケットに最適です。cdジャケット印刷にも対応しているネット印刷業者でも、このコート紙を採用しているところがほとんどなため、cdジャケット印刷にも対応している印刷業者にジャケットの印刷を依頼すればcdショップで販売されているcdと同じようなクオリティーの高いオリジナルのcdジャケットを作ることができます。また、印刷業者の中には表紙のフロントジャケットをブックレットとして制作することができるところもあり、よりオリジナリティー溢れる一枚を作ることが可能です。